2019/04/18

背もたれ付ベンチ



背もたれ付ベンチを、大阪市生野区のS様へ納品いたしました。


リノベーションをしたご実家へ引越しをすることになり、持っているテーブルの大きさに合せたベンチを探されていたお客様。
背もたれ付で、希望の長さのベンチがなかなか見つからなかったところ、ホームページにある以前のベンチの作例を見て気に入られ、ご相談いただきました。


お客様のご希望は
・テーブルの長さ190㎝に合わせ、約170㎝の長さのベンチ
・置くスペースの関係で、テーブルの中にできるだけ納まるような奥行きに


ご来店前に、テーブルの形・大きさなどメールでのやりとりを重ね、以前のベンチの設計をもとに、図面を作成していきました。
ある程度、製作内容が固まったところで、ご来店いただき店内のイス等で座り心地や雰囲気など確認いただきました。またサンプルをご覧いただきながら、座面の張地・木材の色味を選んでいただき、製作となりました。


 大人3人が掛けられる幅広サイズ


座面高は、テーブル高さに合わせた43cm
 奥行きがコンパクトになることで、背もたれが自然とフィット


一枚の板で仕上げた背面は木目が映え、しっかりと背を受け止めます


座面下部に板があることで、強度がまし、張地の縁の傷みも抑えます


脚の丸面取り・板の角を丸く加工することで、柔らかな印象に



納品時は、まだお客様の引越し前でテーブルはありませんでしたが、リノベーションが終えられた空間に、どっしりとベンチが落ち着き、内装の雰囲気にとても似あっていました。
お客様と、背もたれがほしいと希望されたそのお母様が座られ、背のあたりが気持ちよいと喜ばれました。


これから、家族大勢で食卓を囲む暮らしになるお客様。
大きなテーブルに大きな背もたれ付ベンチが、和やかな落ち着きを持たせてくれる。
そんな家具として、暮らしに馴染んでいくと嬉しいですね。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
  【 背もたれ付ベンチ 】
    ・ タモ / ダークブラウン色オイル仕上げ
    ・ 170 × 49 × 76(cm)
    ・ 135,000円 (税込・参考価格)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









2019/03/31

床の間台





床の間台を、神戸市西区T様へ納品いたしました。

実家の御仏壇を、自宅へ移動させることとなったお客様。
その設置場所となる床の間を、一部改造して使いたいと、ご相談いただきました。

現在の一段高くなった床の奥行きでは、仏壇がはみ出てしまう
ということで、段差をなくした台とし、高さの違いをいかし収納場所を設けたい
というご要望でした。


柱などが張り出している部分をうまく避けて、板を敷きたい
床としての強度を保ちながら収納を設けたい
ということで、設計し製作していきました。








大きな板を製作し、採寸した柱の凹凸の位置や大きさにあわせ、欠き取り部を加工。
引出しの前板は、木目のつながりを意識しながら並べています。
納品時には、壁の傾きなどに合せ、板を削り調整しながら設置していきました。











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
御仏壇の引越しという機に、床の間の使い方を見直されたお客様。
ご先祖様を大切にしたいという想いと、引出し収納というアイデア
が上手く組み合わさり、新たな形にうまれかわった床の間。

従来の装飾的・格式的な場としての床の間を
無垢の木を使って誂えることで、風格がまし
さらに、暮らしの中から生まれるお客様ならではの使い勝手をプラス。

こうして出来上がった床の間は、日常的に使う収納スペースとしながら
御仏壇をまつる神聖な場として、
ご家族にとって日々の安らぎの間となっていくのではないでしょうか。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
  【 床の間台 】
    ・ タモ / ブラウン色オイル仕上げ
    ・ 192 × 100 × 18(cm)
    ・ 128,000円 (税込・参考価格)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=====================================

          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=====================================








2019/02/10

引戸ドア



引戸ドアを、神戸市須磨区I様へ納品いたしました。

部屋のリフォームを機に、玄関からキッチンへと通じるドアを新しくしたい、
というご相談をいただきました。
これまでは、家具のレイアウトなどの関係で、ドアでなく壁となっていた板戸。
内装リフォームと同時に、部屋の使い方を見直す中で、
ドアを出入口として活かし、玄関の明るさ、部屋の開放感につなげるものとしたい
というお客様の構想でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木の存在感が活きる、シンプルな枠に
採光性をしっかりとれるように、ガラスをはめ込みたい、とのご要望。
フレーム幅や桟のパターンを変えた図面を作成し
これらの案を元に、枠のバランスを決めていきました。



当初のガラス案は、話していく中で、光りを通しながらも安全面・重量を優先し
中空ポリカと呼ばれる、空洞形状の樹脂板を用いることに。
またその板のラインが意匠にもなるため、お客様の希望で横流しとして組み込み
製作していきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引戸の製作では、木の動き・狂いができるだけ少なくなるよう木取りし
既存の敷居・鴨居に合わせたサイズに加工していきました。
ご自宅での設置時には、敷居や柱の兼ね合いをみて、カンナで削るなど調整しながら
柱とドアがきっちり合わさるように納めていきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内装リフォームの時に提案されたドアの素材感などイメージに合わず
シンプルな無垢の木の引戸にしたい、とご依頼されたお客様。
納まった戸を眺められ、木の風合いが良い。
また玄関、キッチンともにとても明るい印象になった、と満足されました。

これで一旦、お客様の考えていた内装リフォームは完了ということで、
これからは、そのリフォームされたキッチンの食器棚やテーブルを
今の暮らしサイズ・使い勝手にしていこうと考えているとのこと。
木のドアに合せて、シンプルに風合い良い部屋として調える。
そんな発想につながる入口となると嬉しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リフォームをするけれど、既製品やメーカー品では、しっくりこない。
ここは、もっと木の風合いあるドアにしたい。
など、無垢の木の建具のご要望がありましたら、一度ご相談ください。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
  【 引戸ドア 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
    ・ 182× 85 × 3(cm)
    ・ 97,000円 (税込・参考価格)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=====================================

          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=====================================